nav-left cat-right
cat-right

人生を変える見えないボタンの見つけ方


 

江頭俊文さんとお会いしてきました!

2012年12月26日 事業家、講演家、作家、著者という多才で多忙な
「無限の可能性を引き出す リアリティ・イノベイター」
江頭 俊文さんとお会いする機会を幸運にも得ることが出来ました。

私がコーチングという仕事を通して、日々多くの方と接して感じることは、
・「思い込み」にとらわれて自分の可能性を過小評価してしまう
・そのため、もっと実力があるのに目標が小さくなってしまう
・目標設定が曖昧
・価値観と目標がマッチせず行動できない
・欲しい結果が得られないとみるや目標を下げてしまう
というような事がとても多いのです。

本当にやりたいことを明確にして欲しい成果を得るためにどうしたらいいのか?
私がいつも考えていることです。
そのヒントが江頭さんの書かれた「人生を変える見えないボタンの見つけ方」
という本にたくさん書かれており、
私も大変影響を受けている部分があるのでお会いするのが楽しみでした。

人生を変える見えないボタンの見つけ方 江頭俊文

書かれている一部を紹介すると、
◆ 人は、現実を見たいようにしか見ていない。
つまり、「既成概念」「偏見」「思い込み」「常識」という
フィルターを通して自分に都合よく世の中を見ている。
それによって、失っているものがたくさん存在し、
それがあなたの可能性を奪っているかもしれないのです。

私も疑い深い方なので、本当のチャンスを逃していることも
多々あります。
「あ〜、それ前に聞いていたのに、嘘っぽかったので
やっていなかった。」とか、本当は良い人なのに信じていなかったとか。
それはもう私の「偏見」や「思い込み」なんですね。

◆ 成功の3つの要素として
・知ること
・決める(目的・目標・計画)こと
・行動する(戦略)こと
を挙げていますが、これらはまさに江頭さんが自ら数々の事業を
成功させてきた体験の中で語られていることです。

◆ 我々は日々、様々なことを選択し行動しています。
この選択の集大成が人生そのものであることから、
「選択の種類を変える」事が人生を変えるとしています。

確かに朝起きて寒い時、シャキッと起きるか、もう一度布団に潜り込むか。。。
というように、既に選択が始まっています。
結果には原因があると言いますが、原因とは何を選択するかとも言えますね。

◆ 人間には2タイプ存在する。
「自分にできることをやっていく人」
「目標のために自分を変えて行くタイプの人」
この出来るかできないかの基準があなたの「既成概念」。
既成概念という思い込みを掴んだまま、
自分にできる範囲のことをやって行く人生なのか、
思い込みを外して変化をする人生のどちらを取るか。
決めないというのは変化しないということ。

やると決めたはずなのに、やらないこと、続けられないことが
たくさんあり過ぎます。
自分の中では辛いとか、面倒だからということで、変化したくない?
いやいや変化はしたいんだけど、その時の苦労がブレーキをかけています。
結局は変化後の自分と、苦労を天秤にかけてしまっていることがあります。

◆ 頑張るというのは「量」の話。決めるというのは「質」の問題。

これは深いですね。
量を追っていくと質の向上につながることもありますが、
あくまで、決めたらの話。決めなかったら下手な鉄砲打ちになってしまう。

◆ あなたがあることを不可能だと信ずるならば、
あなたの心はあなたのためにそれが不可能な理由を証明するために働く。
しかし、できると信ずるならば、本当に信ずるならば、心はあなたのために
働いて、それを実現する方法を発見するのを助けるのである。

自分への問いかけの方法も大事ですね。
自分に都合の悪いことだと、言い訳を考えてしまいがちですが、
どうやったら出来るのか?と出来ることを信じて問いかけることが
大事なようです。

◆ 目標とは「目的に向かうための具体的な指標」
いつ、だれが、どこで、どうするという具体的で計測可能なもの。
そして次の3つを押さえること。
①ヴィジョン(志)
② 数値化(数値目標)
③ すべきこと(行動目標)
今すぐ動きたくなるヴィジョンを持ち、優先順位をつけて、
スケジュールに落とし込む。
これができれば、仕事の半分は終わったのと同じです。

目標を達成できない多くの場合、目標そのものが不明確な場合です。
地図を広げて「どこに行こうか?とりあえず近場から攻めてみるか」
という感じです。まず行動すること自体は悪くないのですが、
進み始めて見通しが良くなってきたら、行き先の修正も並行して行わはければ
なりませんね。

◆ 仕事の能力を表す言葉
・段取り力
・先読み力
・問題解決能力
・思考力
恐れずにまず、行動を起こすこと。

◆ 求めているものを「明確に、具体的に、肯定的に決める」

これによって、ゴールに向かう自分との対話と修正が可能になります。
確かに不明確で抽象的で否定的なものは全く叶いそうにありません。。

と、この本のごく一部を紹介しましたが、自分に問いかけながら
読み進めていくうちに、自分を閉じ込めていた小さな箱から飛び出すことが
出来るようになります。
いわば、自分がバージョンアップした感じです。

久しぶりにマインドマップも書いてみました。

人生を変える見えないボタンの見つけ方 マインドマップ

江頭さんとの話の中で、たくさんの経験談や成功に関する考え方などを教えて頂く事ができました。

しかし、やはり本を読むだけではわからない部分もたくさんあります。
普段行動をしてぶち当たる壁にどう対処したら良いのか?
気乗りしない目標を達成するにはどうしたら良いのか?
計画をどうやって立てたら良いのだろうか?
など、具体的に悩みを抱えている人も多いのです。
そんなお話をしたら、一緒にセミナーをやってくださることになりました。

江頭さんの講演+Q&Aとワークショップ。
自分を閉じ込めている箱から抜け出し、求める成果を得るという内容です。
2013年1月23日(水)15:00〜18:00
場所はJR山手線沿線 
限定20名。
金額は3500円で行う予定です。

後日告知を掲載しますが、気になる方は先にメッセージを頂ければ席は確保します。
お楽しみに!

← 前回の記事

 


最後まで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ下のボタンからRSS購読や
”いいね!”していただけると今日も一日頑張れます!

468 ad

Comments are closed.