nav-left cat-right
cat-right

行動する人・しない人・出来ない人


.

.
こんな言葉がある。

二流の人は解決策を思いつくのに苦労する。
一流の人は問題を離れたところから眺めて全体像を把握する。
多くは入浴中や就寝中,運動中に答えが浮かぶ。
彼らは複雑に考えないことが問題解決の秘策だと心得ている。

行動する人の考え方は極めてシンプルである。
全体を俯瞰して
何が今、自分のすべきことなのか具体的な行動レベルにまで落とし込んでいる。
要は整理整頓ができている。

行動しない人は、実は何をすればよいのかわからずに行動できないのかもしれない。
もしくは理性で行動にブレーキをかけてしまっているのかもしれない。

本当に行動したいのなら具体的かつ”できる行動”にまでブレークダウンしてみること。
それでも行動にブレーキが掛かってしまうなら、その問題と向き合ってみること。
問題そのものに向きあう事を避けていることも多いかもね。

行動できたら得られるもの。
それが自分の目的・目標に合致するかも考えてみよう。
 


最後まで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ下のボタンからRSS購読や
”いいね!”していただけると今日も一日頑張れます!

468 ad

Comments are closed.