nav-left cat-right
cat-right

持ち味と隠し味

.
.
作り上げたストーリーにワクワクしますか?
登場人物にワクワクしますか?

You can do it
◆ 自分の役割と他の登場人物の役割
登場人物は、恐らく既に知っている人を設定した方が多いと思います。
そのキャラクター設定は十分わかっていると思います。
得意なこと、不得意なこと、やらかしてしまいそうなこと。。。
どのくらい簡単にストーリーが進むか。起こりうる困難や問題も書けそうですよね。

一方で自分のキャラ設定は十分にわかっていますか?
自分の強みは?弱みは?なぜこれを目指しているのだろうか?。。。

多くの人はこれがわからぬままにストーリーを書き上げようとします。

登場人物は誰?

.
.
前回のお話の続きです。

前回は、一年の目標を策定する場合に
・自分の役割を洗い出してみよう
・役割毎に目指すものを考えてみよう
ということでした。

今日考えるのは、登場人物の設定です。

その前に、役割ごとに目指すゴールを決めたら、
その理由をきちんと考えて欲しいのです。

「そのゴールは何のため?」

どんな理由だって構いません、間違いはありません。
・モテるから

2013年のあなたのストーリーが出来ました!...

.
.

「はい、これが2013年のあなたのストーリーです。」

2013年のあなたのストーリー
って一冊の本を渡されたらドキッとしますよね?
あなたが演じるあなたが主役のあなたの物語

何が書かれているんだろう、どんな2013年になるんだろう。。
ワクワクしますか?ドキドキしますか?それとも。。。

2013年をデザインしよう

.
.
2013年、明けましておめでとうございます。

2012年はどんな一年でしたでしょうか?
新聞やマスコミの報道を振り返って見た時に
自分をポジティブにする物がどのくらいあったでしょうか?
しかもその中に事実だけを伝えているものがどの位あるのでしょうか?
つじつまが合わないようなこと数多くありませんでしたか?

世の中の情勢を知ることは大事ですが正しく知ること、
それが自分にどう影響を与えるのか。
正しく物を見る目、判断する力がますます重要になってきています。