nav-left cat-right
cat-right

登場人物は誰?


.
.
前回のお話の続きです。

前回は、一年の目標を策定する場合に
・自分の役割を洗い出してみよう
・役割毎に目指すものを考えてみよう
ということでした。

今日考えるのは、登場人物の設定です。

その前に、役割ごとに目指すゴールを決めたら、
その理由をきちんと考えて欲しいのです。

「そのゴールは何のため?」

どんな理由だって構いません、間違いはありません。
・モテるから
・母が喜んでくれるから
何でもアリです。でもせっかくゴールを目指すのですから、
自分がそれを目指したくなるようなものにしてくださいね。

できましたか?

さて、ゴールとその目的が決まったら、
役割ごとのストーリーを考えて行きます。
既にストーリーは始まっています。

ストーリーは自分一人では進みません。
登場人物が必要です。

登場人物

 

一緒にゴールに向かう人。
ゴールをアシストしてくれる人、
自分がアシストする相手。
自分がゴールするのを待ってくれている人。。

一緒にゴールへ向かう人は誰ですか?
ゴールへ向かうあなたをどんな形で助けてくれますか?
どんな形でその人へ感謝を伝えますか?

自分で感動巨編を書かなくていいですからね。
たまにいるんですよ、苦難の道を書きそうな人が。。。
感動より自分が一刻も早くその役を演じたい!
と思うようなストーリーを楽しみながら書いて見ましょう。

全てのシーンはつながっています。
今起きていることは最後のシーンのために起きているんです。

何だかワクワクしませんか?
ワクワクしない人は、最後のシーンを最高のワクワクになるように
考えてみましょう。
だって、最後のシーンのために生きることになるんですから。

その最後のシーンにたどり着くために登場してくれる人には本当に感謝ですよね。

あなたのアナザーストーリーは既に始まっています。
今日も自分らしく進んで行きましょう!

←前回の記事  次回の記事→


最後まで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ下のボタンからRSS購読や
”いいね!”していただけると今日も一日頑張れます!

468 ad

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>