nav-left cat-right
cat-right

入社式での祝辞(盛田昭夫社長)


私がSonyに入社したのは1987年。
当時の大崎工場体育館での入社式。

祝辞は創業者である井深大名誉会長、盛田昭夫会長、大賀典雄社長という豪華な顔ぶれ。
当時の私は大して世間も知らない22歳。
きっと浮かれていたんだと思います。

そんな時に聞いた盛田会長の言葉はあまりに衝撃的で、胸に深く突き刺さったままです。

盛田昭夫

『一度しかない人生、自分の幸せをソニーの中で見つけられないと思ったら早く辞めなさい。
人生で一番大事なのは自分と自分の家族なのだから。
会社に忠誠を尽すよりも自分に忠誠を尽しなさい。
そして、本当にソニーで働くと決めた以上は、お互いに責任がある。
あなた方も、いつか人生が終わるそのときに、ソニーで過ごして悔いはなかったとしてほしい』

仕事=苦痛ではなく、自分の人生を謳歌することはソニーで責任を持って働くことと等価である。
こう言い放った盛田会長。

ますますこの会社が好きになってしまった私。
と同時に、時々私自身に語りかけてくるんですよね。
「人生が終わるそのときに、悔いのない生き方していますか?」って。

この一言が、私の中で日々の物事を決める最後の決断の決め手になっています。
この言葉がなかったら、どんな人生になっていただろう?

ほんの数秒の一言が人生に影響を与えるんですね。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ下のボタンからRSS購読や
”いいね!”していただけると今日も一日頑張れます!

468 ad

Comments are closed.